【Windows11】スリープの設定方法は?設定の解除を行うには?

この記事ではWindows11のスリープ設定を紹介しています。

スリープの設定は「画面のスリープ」と「パソコンのスリープ」の設定が行えます。

今回はWindows11のスリープの設定の変更方法とスリープ設定へのアクセス方法を紹介しています。

またスリープの設定へのアクセス方法は3パターンあります。おすすめはバッテリーアイコンからのアクセス方法です。

Windows11のWindowsツールへのアクセス場所はについて

目次に触れるとジャンプするよ

Winodws11のスリープ設定

Windows11の初期のスリープ設定は下記の設定となっています。

Windows11スリープ設定バッテリー駆動時(分)電源接続時(分)
画面のスリープ520
パソコン本体のスリープ1525

初期に戻したい場合は上記設定を参考にしてください。

スリープ設定(バッテリーアイコン)

バッテリーアイコンからのスリープ変更方法を紹介します。

STEP
バッテリーアイコン

バッテリーアイコンを右クリックします。

STEP
電源とバッテリー

「電源とバッテリー」でスクロールします。

STEP
電源

「画面とスリープ」で設定変更を行います。

スリープ設定(電源オプション)

電源オプションからスリープ設定変更を行います。

STEP
電源オプション

Windowsスタートボタンを右クリックします。

STEP
電源とバッテリー

以降は「バッテリーアイコン」の手順と同様になります。

スリープ設定(コントロールパネル)

コントロールパネルからのスリープ設定方法を紹介します。

STEP
コントロールパネル

虫眼鏡アイコンをクリックしてコントロールパネルと検索します。検索結果からコントロールパネルをクリックします。

STEP
大きいアイコン

表示方法から大きいアイコンをクリックします。

STEP
電源オプション

電源オプションをクリックします。

STEP
スリープ変更

「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」をクリックします。

STEP
プラン設定

バッテリー駆動と電源接続時のスリープ時間の変更を行います。

最後に

バックグラウンドアプリを無効化することで動作が軽くなることがあります。

「【Windows11】バックグラウンドアプリ無効化で動作を軽くする手順!」では一括でバックグラウンドアプリを無効化する方法を紹介しています。

よければアクセスください。

  • URLをコピーしました!
目次に触れるとジャンプするよ