Windows11で共有フォルダにアクセスできなくなってしまった!

Windows11で共有フォルダにアクセスできなくなった場合に確認する項目があります。それは「SMB1.0」です。

「SMB1.0 クライアント」が無効のため接続できなくなっている可能性があります。

今回は共有フォルダにアクセスできなくなった場合に「SMB1.0 クライアント」項目を有効にする方法を紹介します。

この記事でわかること
  • 共有フォルダが「SMB1.0」か?
  • 「SMB1.0 クライアント」の有効方法
目次に触れるとジャンプするよ

原因の特定方法

急に共有フォルダにアクセスできなくなってしまった場合に「SMB1.0」が無効になってしまった可能性があります。

「SMB1.0」が原因かどうかの確認方法について紹介します。

STEP
アドレスバー

アドレスバーなどを使って共有フォルダへアクセスしてもアクセスできないことを確認します。

STEP
Windowsターミナル

「Windowsスタートボタン」を右クリックして「Windowsターミナル」をクリックします。

STEP
Windowsターミナルで

「net use」コマンドを使ってアクセスできるか確認します。「net use \\192.168.XX.XX
安全でないためファイル共有には接続できませんと表示されることを確認します。

「SMB1.0 クライアント」の確認

安全でないためファイル共有には接続できませんと表示される場合は「SMB1.0 クライアント」が無効になってしまった可能性があります。

そのため「SMB1.0 クライアント」の設定項目を確認します。

STEP
Windowsスタートボタン

「Windowsスタートボタン」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

STEP
ファイル名を指定して実行

control」と入力して「OK」をクリックします。

STEP
コントロールパネル

「プログラムと機能」をクリックします。

STEP
プログラムと機能

Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

STEP
Windowsの機能

SMB 1.0/CIFS クライアント」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

STEP
有効化完了

「Windowsの機能」でインストール完了したら「再起動」を行います。

再起動後に共有フォルダへアクセス可能か確認してください。

最後に

Windows11のバックグランドアプリを無効化することで動作を軽くする方法を紹介しています。

もしバックグランドアプリが起動していたら不要な場合はOFFすることでストレスが軽減されるかもしれません。

よければアクセスしてください。

  • URLをコピーしました!
目次に触れるとジャンプするよ