【Windows11】バックグラウンドアプリ無効化で動作を軽くする手順!

  • URLをコピーしました!

Windows11では標準でバックグラウンドでアプリが動作しています。アプリがバックグラウンドで起動していることで、アプリがスムーズに動作することもできますが、不要なアプリがバックグラウンドで動作していることも多いです。

不要なアプリをバックグラウンドでの動作を無効にすることで動作が軽くなることがありますので、不要なアプリのバックグラウンドでの動作を無効にすることをおススメします。

バックグラウンドアプリ無効化メリット
  • リソースの開放
  • アプリの整理
  • 動作の快適化
目次

設定からバックグラウンドアプリ停止方法

Windows11の「設定」からバックグラウンドアプリを停止する手順を紹介します。

STEP
バックグランドアプリ停止

「windowsスタートボタン」をクリックして、 「設定」をクリックします。

STEP
設定から

「アプリ」をクリックして、 「アプリと機能」をクリックします。

STEP
アプリと機能

「︙」をクリックして、 「詳細オプション」をクリックします。

STEP
アクセス許可

「バックグラウンドアプリのアクセス許可」から「このアプリをバックグラウンドアプリで実行する」の「電力最適化(推奨)」をクリックします。

STEP
変更

「常にオフ」にするをクリックします。

STEP
確認

「バックグラウンドアプリのアクセス許可」から「このアプリをバックグラウンドアプリで実行する」で「常にオフ」になっています。

上記の手順でアプリごとに「バックグラウンドアプリのアクセス許可」を「常にオフ」にします。

コマンドから一括で「バックグラウンドアプリ無効化」

アプリ個別ではなく、コマンドから一括でバックグラウンドアプリ無効化を紹介します。また下記のコマンドから一括で行う方法を実行する場合はリスクがあるため自己責任で作業をお願いします。

バックグラウンドアプリ一括無効化の設定と解除
  • コマンドで一括無効化設定
  • コマンドの一括無効化設定解除
STEP
コマンドでの一括無効化設定

「windowsスタートボタン」をクリックして、 「Windowsターミナル」をクリックします。

STEP
PowerShell
reg add "HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\BackgroundAccessApplications" /v GlobalUserDisabled /t REG_DWORD /d 1

コマンドを「コピー&ペースト」をして「Enter」を押します。

STEP
実行

この操作を正しく終了しました。」と表示されたことを確認します。

STEP
確認

バックグラウンドアプリのアクセス許可」の項目がなくなっていることを確認します。

上記のコマンドを実行した場合は再起動を行います。「バックグラウンドアプリのアクセス許可」の項目が表示されない場合はコマンド成功となります。

コマンドから一括で「バックグラウンドアプリ無効化」の解除

次にコマンドから一括で「バックグラウンドアプリ無効化」の解除を行います。元に戻したい場合などに使用ください。「Windowsターミナル」から下記コマンドを入力します。

reg delete "HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\BackgroundAccessApplications" /v GlobalUserDisabled

「レジストリ値 GlobalUserDisabled を削除しますか?(Yes/No)」で「y」と入力して「Enter」を押します。

以上でコマンドから一括で「バックグラウンドアプリ無効化」の解除が完了となります。

おすすめ記事

新着記事

ランダム記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次