【Windows11】ユーザー追加方法(アカウントの種類別)!

  • URLをコピーしました!

Windows11インストール及び初期設定後にアカウント追加を行いたいことがあります。家族のアカウントや別のアカウントを使用したい場合などが当てはまります。またWindows11のアカウント追加には「ローカルアカウント」と「Microsoftアカウント」があります。アカウントの種類を含めてアカウント追加を紹介します。

目次

アカウントの種類

Windows11のアカウント追加する場合には「ローカルアカウント」と「Microsoftアカウント」があります。アカウント特徴を紹介します。

ローカルアカウント

ローカルアカウントは設定したPCでのみ使用可能です。設定したPCでのみ使用可能となるため、Microsoftアカウントよりセキュリティ高めとなります。ただし「OneDrive」などのオンラインサービスを受けられません。

Microsoftアカウント

Microsoftアカウントは「OneDrive」「メールアドレス」などのオンラインサービスが受けられます。オンラインサービスを受けられるため、パソコン入れ替え時にスムーズに設定が行えます。

ローカルユーザーの追加

Windows11の初期設定などが終わっていて新たにローカルユーザーの追加する手順となります。

STEP
ユーザーの追加

① 「Windowsスタートボタン」を右クリックして、② 「設定」をクリックします。

STEP

① 「アカウント」をクリックして、② 「家族とその他のユーザー」をクリックします。

STEP

「家族とその他のユーザー」内の「他のユーザー」から「アカウントの追加」をクリックします。

STEP

このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックします。

STEP

Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックします。

STEP

ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

STEP

パスワードを忘れた場合」の「セキュリティの質問」を1~3入力します。

STEP

セキュリティの質問」は「最初のペットの名前は?」「生まれた場所の名前は?」「子供のころのニックネームは?」「両親が出会った町の名前は?」「いちばん年上のいとこの名前は?」「初めて通った学校の名前は?」のいずれかとなります。

STEP

ローカルユーザーが追加されます。

Microsoftアカウントの追加

Microsoftアカウントの新規追加を行います。作成手順は手順途中までローカルユーザーの追加と同様となります。

STEP
ユーザーの追加

新しいメールアドレスを取得」をクリックします。

STEP

アカウントの作成が表示されるため、新しいメールをアカウントを作成を進めます。

アカウント作成を進めると「パスワード」の設定画面が表示されるため、パスワード入力してアカウント作成を進めます。

既存のMicrosoftアカウント

既存のMicrosoftアカウントを設定する手順を紹介します。

このユーザーはどのようにサインインしますか?」の項目で既存の「メールアドレス」を入力します。

既存の「メールアドレス」を入力することで、既存のアカウントを使用することが可能です。

おすすめ記事

新着記事

ランダム記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次