Windows11のスタートメニューを使い方に合わせてカスタマイズしよう

  • URLをコピーしました!

Windows11になって「スタートメニュー」が大きくシンプルに変更されました。この「スタートメニュー」をカスタマイズして少しでも使いやすくして、自分好みに使い勝手良くしましょう。

またWindows11のインストール直後の標準で登録されているアプリで「TikTok」などスマホで主に使用するアプリなどが登録されていますので、そのような不要なPCでは使用しないアプリは右クリックして「スタートからピン留めを外す」で削除したり、不要なら「アンインストール」してしまいましょう。

目次

「スタートメニュー」のピン留めを整理しよう

「スタートメニュー」のカスタマイズの第一歩は「ピン留め済み」の項目を整理することです。Windows11インストール直後は不要なアプリがピン留めされているため、使用頻度の高いアプリへ変更しよう。

STEP
スタートメニュー「ピン留め済み」の変更

スタートメニューの「ピン留め済み」に固定されている不要なアプリを変更する

STEP

スタートメニューの「ピン留め済み」に登録されている、変更可能なアプリは赤枠内で、アプリを追加するためには「すべてのアプリ」をクリック

STEP

追加したいアプリを右クリックして「スタートにピン留めする」をクリック

STEP

対象のアプリが「ピン留め済み」に表示される

STEP

アプリの順番の移動は対象のアプリを右クリックして「一番上へ移動」をクリック

STEP

「ピン留め済み」内の左端に移動される

STEP

アプリ以外にも「フォルダ」なども登録可能

上記でアプリの移動を右クリックからの「一番上へ移動」で説明しましたが、「ドラッグアンドドロップ」でも変更可能です。

「スタートメニュー」の位置を変更しよう

Windows11インストール直後ではスタートメニューが中央に位置してます。デザインは新しく感じますがWindowsを長く使用していると左端にスタートメニューが当たり前に感じて、使いづらく感じてしまいます。そのため以前の位置にスタートメニューを移動するため、変更手順を紹介します。

STEP
「スタートメニュー」の位置(中央)の変更

タスクバー上で右クリックして「タスクバーの設定」をクリック

STEP

「個人用設定」>「タスクバー」が表示されるので下へスクロールして「タスクバーの動作」をクリック

STEP

タスクバーの配置」の設定が「中央揃え」になっているので「左揃え」に変更

STEP

「スタートメニュー」が「左揃え」に移動された

Windows11になって「スタートメニュー」がシンプルに変更されました。また「スタートメニュー」はこれまでのWindowsの定番位置である「左揃え」ではなく、「中央揃え」になっています。中央揃えは新しくデザインも良く感じますが、使い勝手があまり良くなく感じました。また「ピン留め済み」も不要なアプリなどが登録されていて不要なアプリが多く感じました。

Windows11のデザインは好みなので、少しずつ自分自身が使いやすい方にカスタマイズを行って、自分好みのデスクトップ環境を作れると便利に感じて愛着もわくと思います。

おすすめ記事

新着記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる