パソコンのスクリーンショットを撮る方法を紹介【Windows10】

  • URLをコピーしました!

Windows10で簡単にスクリーンショットを撮る方法として「Windows」キー+「Shift」キー+「S」キーの同時押しからスクリーンショットを撮るのがお手軽です。また「Windows」キー+「Shift」キー+「S」キーの同時押し以外にもスクリーンショットを撮る方法があるので用途によって使い分けしよう。

今回紹介するのは

スクリーンショット撮る方法
  • Windows」キー+「Shift」キー+「S」キー同時押し
  • Windows」キー+「PrintScreen」キー同時押し
  • Alt」キー+「PrintScreen」キー同時押し
  • Snipping Tool」の使用方法
  • 切り取り&スケッチ」の使用方法

となります。

またスクリーンショットで起こりやすいトラブルについても紹介しています。

スクリーンショットのトラブル
  • スクリーンショットができない
  • スクリーンショットの保存先がみつからない
  • スクリーンショットの保存先がわかならない
  • スクリーンショットが保存されない
  • スクリーンショットの自動保存方法

スクリーンショットは慣れると簡単ですが、初めての方やパソコン初心者には慣れてないため難しく感じてしまいますね。

目次

スクリーンショット撮る方法

スクリーンショット撮る方法は複数あります。パソコンに慣れている方はショートカットキーを使う方法がおススメです。

パソコンに慣れてない方はアプリを使用する方法が覚えやすいため「④「Snipping Tool」の使用方法について」や「⑤「切り取り&スケッチ」の使用方法について」をおススメします。

①「Windows」キー+「Shift」キー+「S」キーの使用方法

Windows」キー+「Shift」キー+「S」キー同時押しすると、スクリーンショットを撮る方法がいくつか表示されます。今回は表示の意味を含めて紹介します。

STEP
Windows」キー+「Shift」キー+「S」キー同時押し

Windows」キー+「Shift」キー+「S」キー同時押しすると上記のように表示されます。

STEP
異なるスクリーンショット方法

スクリーンショットを撮る方法が選択できます。撮る方法を選択した後はクリックして範囲を指定することでスクリーンショットを撮ることができます。

「Windows」キー+「Shift」キー+「S」キーの操作ではクリップボードに保存されるため、その後は「Excel」や「ペイント」などに貼り付けする必要があります。

②「Windows」キー+「PrintScreen」キー同時押しで画像ファイルとして保存しよう!

Windows」キー+「PrintScreen」キー同時押しで画像ファイルとして保存することが可能です。画像ファイルとして保存されるため、そのままメールなどに添付することが出来ます。

STEP
スクリーンショット行いたい画面を開きます

全画面保存されるため不要なモノは閉じるようにします。

STEP
Windows」キー+「PrintScreen」キー同時押し

フォルダ(エクスプローラー)の「PC」→「ピクチャ」→「スクリーンショット」に自動で保存されます。画像ファイルとして保存されるためそのままメールなどに添付可能です。

③「Alt」キー+「PrintScreen」キー同時押しで手前のウィンドウを撮ろう

Alt」キー+「PrintScreen」キー同時押しで画面手前にある、アクティブなウィンドウを撮ることができます。これは「Windows」キー+「Shift」キー+「S」キーの「ウィンドウの切り取り」と同じ意味となります。

STEP
Alt」キー+「PrintScreen」キー同時押し

撮りたいウィンドウを手前にします。

STEP
「Excel」や「ペイント」に貼り付けする

クリップボードに保存されてるため、「Excel」や「ペイント」へ貼り付けをします。

④「Snipping Tool」の使用方法について

Snipping Tool」はWindows10に標準でインストールされているアプリとなります。使用方法も簡単でおススメのツールとなります。

STEP
Snipping Tool」の場所

「Windowsアクセサリ」内の「Snipping Tool」をクリックします。

STEP
簡単な使用方法

モードを選びの新規作成をクリックします。
※モードは「Windows」キー+「Shift」キー+「S」キー同時押しで表示される内容と同様になります。

STEP
スクリーンショット

スクリーンショットが撮れると「Snipping Tool」に表示されます。保存ボタンを押すことでファイルとして保存することが可能です。

⑤「切り取り&スケッチ」の使用方法について

切り取り&スケッチ」の使用方法は「Snipping Tool」と同じような動作をします。こちらも使用法は簡単でおススメです。

STEP
切り取り&スケッチ」の場所

「か」行の「切り取り&スケッチ」をクリックします。

STEP
切り取り&スケッチ」の操作

切り取り&スケッチ」が起動したら「新規」をクリックします。
※注意書きに「Windowsロゴキー」+「Shift」+「S」キーを押すと…と表示されます。

STEP
「Windows」キー+「Shift」キー+「S」キーと同様の画面

上記の「Windows」キー+「Shift」キー+「S」キーの使用方法と同様になります。

STEP
元の画面に戻る

スクリーンショットが撮れると元の画面に戻ります。保存をクリックするとファイルとして保存可能です。

スクリーンショットのトラブルについて

スクリーンショットのトラブルについて紹介します。初心者の方やスクリーンショットに慣れていない方に起こりやすいトラブルを説明します。

スクリーンショットができない

プリントスクリーンのキーを押してもスクリーンショットが反応しない場合は画像のように「Fn」キーと同時押しして反応するか確認しましょう。

キーボードの上段キーは「ファンクションロック」されているキーとなるため、「F1」や「ボリューム+」「ボリューム-」が同じキーに描かれていると思います。そのため「Fn」キーと同時押しすることで切り替えて動作することができます。

スクリーンショットの保存先がみつからない、保存されない

スクリーンショットの保存先がみつからない、保存されない場合はクリップボードに保存されていることが多いです。クリップボードは「Win」キー「V」キーを同時押しして呼び出します。※有効にするか聞かれたら有効にしてください。

クリップボードから貼り付ける場合は「Excel」や「ペイント」に貼り付けます。※貼り付けは「Ctrl」キーと「V」キーを同時押しするか、右クリックから貼り付けをします。

スクリーンショットの保存先がわかならない

スクリーンショットの保存先はピクチャ内のスクリーンショットフォルダに保存されます。

STEP
保存先

PC内のピクチャへアクセスします。

STEP
スクリーンショットフォルダ

スクリーンショットのフォルダに保存されます。

スクリーンショットの自動保存方法

スクリーンショットの自動保存で検索されることが多いのですが上記で解説している「②「Windows」キー+「PrintScreen」キー同時押しで画像ファイルとして保存しよう!」を参考に操作を行うことで画像ファイルとしてスクリーンショットが保存されるため活用ください。

おすすめ記事

新着記事

ランダム記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次