「Windows Defender」で大丈夫?ウイルススキャン方法について!

  • URLをコピーしました!

「Windows Defenderで大丈夫か?問題ないか?」今回は「Windows Defender」の設定ウイルススキャン方法を紹介します。また「Windows Defender」だけで不安な場合はオンラインスキャンを行うことでより安心となります。

基本的にパソコンの使用方法やウイルスに対しての知識によって「Windows Defender」で問題ないか?の判断を行います。またウイルスに対して知識が少ない場合でも、大手WebサイトへのアクセスやSNSしか使用しない場合などは「Windows Defender」で大丈夫です。

目次

「Windows Defender」の設定

「Windows Defender」の設定やウイルススキャン方法を覚えてウイルス対策を行います。※Windows10で紹介します

STEP
ウイルススキャンの確認

「Windowsスタートボタン」をクリックして、「設定」をクリックします。

STEP

「更新とセキュリティ」をクリックします。

STEP

「Windows セキュリティ」をクリックして、「Windows セキュリティを開く」をクリックします。

STEP

「Windows セキュリティ」の設定画面が開きます。

STEP

「ウイルスと脅威の防止」をクリックして、「設定の管理」をクリックします。

STEP

「リアルタイム保護」の「オン」を確認します。「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。

STEP

「スキャンのオプション」をクリックします。

STEP

初期設定は「クイックスキャン」となってます。通常はクイックスキャンが行われて、フルスキャンは時間が掛かるため、定期的にフルスキャンを行うようにしましょう。

STEP

「フルスキャン」にチェックを入れて、「今すぐスキャン」をクリックします。

STEP
ファイアウォールの確認

プライベートネットワーク(アクティブ)」をクリックします。
※アクティブのネットワークをクリックします。

STEP

「Microsoft Defender ファイアウォール」が「オン」になっていることを確認します。

オンラインスキャンについて

上記でも紹介していますが使用方法やウイルスの知識で「Windows Defender」で十分か判断が行えます。「怪しいメールは開かない」「怪しいサイトはクリックしない」など基本的にウイルスに対して理解している方は「Windows Defender」で問題ありません。

また定期的にウイルスバスターのオンラインスキャンを行ってダブルでウイルスチェックを行うことでより安心となるため、オンラインスキャンをおススメします。ウイルスバスターのオンラインスキャン方法については下記記事で紹介しているため宜しければ閲覧ください。

おすすめ記事

新着記事

ランダム記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次