【連載企画 Vol.01】NTT DoCoMoのSIMをPC直差しでダウンロード速度計測します。

2018年8月8日

本日は自宅からNTT DoCoMoを使用してダウンロード速度計測しました。

前回は新宿で計測したので参考にしてもらえると嬉しいです(*´∀`*)

前回同様、今回もDoCoMoでmoperaというISP(プロバイダ)を使用しています。

※ドコモにはSPモードとmoperaというISPがあります。また通常ドコモのスマホを契約をするとSPモードになります。現在はSPモードでSIMフリー端末を使用することができますが、数年前はmoperaでのみ可能でした。管理人はそういう名残りから未だにmoperaを愛用しています。

今回もメインのノートパソコンであるLenove Think Pad X1 Carbon(カスタマイズモデル)に直差ししたDoCoMo(mopera)の通信速度を紹介します。
ダウンロードとアップロードの通信速度は画像を見たまんまですが、Download(99.25Mbps)、Upload(22.88Mbps)となりました。
前回はダウンロード(43.85Mbps)、アップロード(20.55Mbps)だったので、前回と比較するとダウンロードは+55.4Mbps、アップロードは+2.33Mbpsという結果になって前回よりダウンロードは大幅アップしました。

本日も前回同様、通信速度の自己採点をします。

毎回恒例の本日の通信速度の採点します。
自己評価は5段階中「4」となりました。
ダウンロードの速度は大幅アップです。速度が100Mbps近くなって固定回線いわゆる有線の速度近くになってます。ダウンロードの速度は「4」になってしまいましたが、「5」に限りなく近い「4」となります。もう「4」強ですね。
Ping「40」となってるので前回より遅くすこしマイナスポイントとなってしまいましたが、基本Pingはゲームなどをする時の目安に使われるので無線接続でのPingの速度は遅くても問題ありません。まあ速いと有難いですが。

では本日もメインパソコンのLenovo Think Pad X1 Carbonのスペックのご紹介~(人´3`*)フンフフ~ン♪

thinkpad x1 carbon カスタマイズモデル LTEモデル搭載
プロセッサー インテルR Core? i7-7500U プロセッサー(2.70GHz, 4MB)
初期導入OS Windows 10 Home 64bit
ディスプレイ 14.0型FHD液晶 (1920×1080 IPS 300nit 光沢なし)
メモリー 16GB LPDDR3 1866MHz (オンボード)
ハード・ディスク・ドライブ 256GB ソリッドステートドライブ PCIe-NVMe (OPAL対応)
標準保証 1年間 引き取り修理
グラフィックス インテルR HD グラフィックス 620
バッテリー 3セル リチウムイオンバッテリー (57Wh)
ポインティングディバイス ThinkPadクリックパッド
セキュリティーチップ TPMあり
ワイヤレス インテルDual Band Wireless-AC 8265(2×2) BlueTooth4.1
WWAN WWAN あり
Near Field Communication NFCなし

なかなかバランスのとれたカスタマイズモデルのスペックではないですか?
メモリ(16GB)はオンボード(増設不可)なので多めに搭載しました。WWSNのEM7430 LTEもカスタマイズモデルで搭載したモノになります。

カスタマイズモデル購入時にOSは「Windows10 Home」を選択しましたが、後日別途「Windows10 Pro」へアップグレードしました。
通常使う分には「Windows10 Home」が安くておススメですよ。

私は仕事で「Pro」の機能が必要になったので「Windows10 Pro」へ変更しました。

※当企画は継続して公開する予定ですので次回お楽しみに。

ではでは~。

参考販売価格:¥172,660 (ThinkPad X1 Carbon 6th Gen)

はじめまして。

管理人のnushiと言います。以前はMNPお得情報局を運営していましたが、もう少し情報の幅を広げて発信したくサーバーを移動致しました。

今までありがとうございました。これからもよろしくお願いします。