「Power Automate Desktop」をインストールする手順【Windows10】

「Power Automate Desktop」をインストールする手順を紹介します。

「Power Automate Desktop」をインストールする前にダウンロードをする必要があります。

ダウンロードからインストールまでの流れを説明します。

「Power Automate Desktop」インストールの流れ
  • マイクロソフト社の「Power Automate ダウンロードページ」へアクセスします
  • 「Power Automate」のインストーラーをダウンロードします
  • 「Power Automate」のインストールします
  • 「Power Automate」の拡張機能のインストールします

インストールの作業時間は「約10分」となりますので簡単に行えると思います。

「Power Automate Desktop」のインストールにはMicrosoftアカウント(無料)が必要となりますので注意ください。

目次に触れるとジャンプするよ

「Power Automate Desktop」のインストール

「Power Automate Desktop」のインストール作業を行っていきます。

「Power Automate Desktop」のファイルサイズが約247MBとなっていたためご自宅等でダウンロードすることをおすすめします。

またブラウザは「Edge」を使用しています。使用するブラウザによって画面が異なりますので注意ください。

拡張機能はブラウザ操作のためインストールを行います。

「Power Automate Desktop」のダウンロード

STEP
Power Automate ダウンロードページ」へアクセスします

ダウンロードページへアクセスします。

STEP
「Power Automate のインストール」

「Power Automate のインストーラーをダウンロードします」をクリックしてダウンロードします。

「Power Automate Desktop」のインストール

STEP
インストール

「Setup.Microsoft.PowerAutomate.exe」を開いてインストールを行います。

STEP
インストーラー

Power Automate パッケージをインストール行うため次へをクリックします。

STEP
インストール詳細

「使用条件」の同意にチェックを入れてインストールをクリックします。

STEP
インストール中

パッケージをインストール中で少し時間かかります。

「Power Automate Desktop」の拡張機能インストール

STEP
「Power Automate Desktop」のインストール完了後

「Power Automate Desktop」の拡張機能インストールを行います。対象のブラウザもしくは複数のブラウザをクリックしてインストールします。

STEP
拡張機能

拡張機能のインストールをクリックします。

STEP
ポップアップ

拡張機能の追加をクリックします。

「Power Automate Desktop」へサインイン

STEP
拡張機能のインストール完了後

アプリを起動します。

STEP
サインイン

Microsoftへサインインを求められます

STEP
本人確認

本人確認のため、メールかSMSを選択します。

STEP
メール送信の場合

登録済みのメールアドレスを入力してコードの送信を行います。

STEP
メールにコードが届いたら

メールにコードが届いたら入力して確認をクリックします。

STEP
Power Automate

「Power Automate」が起動するので、「ツアーを開始する」をクリックして操作の流れを確認します。

最後に

Windows11への「Visual Studio Code」のインストール手順を紹介しています。

Windows11へのインストールは簡単なので興味ある方はアクセスください。

PySimpleGUIのボタンについて紹介しています。色々な種類のボタンがあるので参考にどうぞ。

PySimpleGUIとSubprocess(PsExec)の組み合わせの実行方法を紹介しています。

PySimpleGUIでコマンドプロンプトの実行に参考になると思います。

  • URLをコピーしました!
目次に触れるとジャンプするよ