Windows 10 のサポート期限についてきちんと把握しておきましょう

2022年3月27日

Windows 10 のサポート期限が2025年10月14日までと発表していることはご存じでしょうか。

また、Windows 10 にはバージョンと呼ばれるのが存在していて、さらにそのバージョンごとにサポート期限が設けれています。

今回は「Windows 10」のサポート期限について紹介していきます。

Windows 10 そのもののサポート期限

Windows 10 自体のサポート期限となりまして、2015年7月から開始した、Windows 10 が終了となります。

2025年10月14日以降はWindows 10 の使用を控えるようにして、サポート期限前にWindows 11 へ切り替えるようにしましょう。

開始日提供終了日
Windows 10 Home and Pro2015年7月28日2025年10月14日

Windows 10 バージョンごとのサポート期限

Windows 10 にはバージョンというのがあり、各バージョンによってサポート期限が異なります。サポート期限の終わったバージョンにはアップデートされることはなくなります。

その各バージョンごとのサポート期限が下記の表となりまして色付きがサポート期限内となります。

Version開始日終了日
Version 21H12021年5月17日2022年12月12日
Version 20H22020年10月19日2022年5月9日
Version 20042020年5月26日2021年12月13日
Version 19092019年11月11日2021年5月10日
Version 19032019年5月20日2020年12月7日
Version 18092018年11月12日2020年11月9日
Version 18032018年4月29日2019年11月11日
Version 17092017年10月16日2019年4月8日
Version 17032017年4月4日2018年10月8日
Version 16072016年8月1日2018年4月9日
Version 15112015年11月9日2017年10月9日
Version 15072015年7月28日2017年5月8日

2022年3月時点でサポートされているWindows 10 のバージョンは「20H2」「21H1」のみとなります。また半年に一度のペースで新しい大型アップデートが出ています。※大型アップデートとは「20H2」「21H1」を指します。

そして大型アップデート(各バージョン)は1年半ほどでサポート終了していきます。大型アップデート(各バージョン)のサポートが終了するということはセキュリティの更新などが行われず、危険な状態となりまして古いWindowsを使い続けるイメージです。

またWindowsアップデートで防げるわけではありませんが、最近では「Emotet」が猛威をふるっていてよりセキュリティに関して注意する必要があります。

Windows 10 バージョン確認方法

Windows 10 のバージョンごとにサポートの期限が設けれていることをお伝えしましたが、次にバージョンの確認方法を紹介します。

① 「Windows」マークをクリックして、次に「設定」をクリックします。

② 設定のウィンドウが表示されるので「システム」をクリックします。

③ システム内の左ペインにある「詳細情報」をクリックします。

④ 次は右側で「Windows の仕様」の項目内にある、バージョンを確認します。画像では「21H2」となっている箇所です。

以上でWindows 10 のバージョン確認方法が完了となります。ご自身のWindows 10 のバージョンを確認して、出来るだけサポート期限内にあるバージョンまでアップさせるようにしましょう。

Windows 10 のサポート期限につきましては下記リンクの「Microsoft」のページで確認行えます。