簡単にパソコンからiPhoneへ写真を送る方法を紹介します。

2018年8月8日

ライトニングケーブルを使用してパソコンからiPhoneへ写真を送りましょう。

若い世代の方はパソコンに触れる機会も少なく、パソコンからiPhoneへ写真の移動を行ったこのない人がいるのではないかと思い、今回記事にすることにしました。

この方法を取れば、パソコンからiPhone、iPhoneからパソコンへの写真の移動が可能となります。iPhoneに溜まった写真をパソコンへ移動して、iPhoneの容量を増やすことも可能となります。

ネタばれしますと、iTunesを使用してのファイルの移動となりますので、普段パソコンとiPhoneを使用している方はご存知だと思います。

では紹介していきます。

まずはiTunesをインストールします。

itunes

iTunesのページ右上からダウンロードしてインストールします。インストールは通常のアプリと同様なので省きます。

インストールが終わりますと、iPhoneをパソコンのUSBポートへ接続します。

そうしますと下記の画像のような表示になりまして、iTunesにiPhoneが表示されます。

認識されていることを確認後、パソコンのPCアイコンの中にApple iPhoneが認識されます。

Apple iPhoneをダブルクリックしますと、フォルダのようになってましてiPhoneフォルダの中に入れます。

次に下記のようにフォルダに入っていくと迷わないですよ。

PC > Apple iPhone > Internal Strage > DCIM > 100APPLE

そして上記フォルダ内に写真が入っています。日時も見えますので管理もしやすいです。また、iPhoneの使用環境によっては、DCIM内に100APPLE以外のフォルダがありますので中身を確認してください。

以上がパソコンとiPhoneの写真のやり取りの一番確実で一番簡単な方法です。
ポイントはライトニングケーブル(充電のみのケーブルは使用不可)とiTunesになります。

ここではiTunesの説明をしていませんでしたが、iTunesはiPhoneとパソコンが接続するために必要なドライバというものが含まれていますので、インストールは必須となります。
それにiTunesはiPhoneのバックアップにも対応していますので、インストールして損はないです。

パソコンや周辺機器に疎いからには少し難しい話になりますが、NASというネットワークHDDと呼ばれるのがあれば、そちらもおススメです。

次回があれば、その辺りも含めて紹介していきたいと思います。

ではでは。

はじめまして。

管理人のnushiと言います。以前はMNPお得情報局を運営していましたが、もう少し情報の幅を広げて発信したくサーバーを移動致しました。

今までありがとうございました。これからもよろしくお願いします。