購入した「ThinkBook 14 Gen3」のメモリ増設とSSDの交換行いました

  • URLをコピーしました!

最初に「ThinkBook 14 Gen3」の基本スペックに不満があったわけではありません。単純にメモリ増設やSSD交換に興味があったため交換(換装)を行いました。

メモリ増設とSSDの交換作業はそれほど難しいというわけではありません。画像の赤で囲んだ箇所がメモリ増設とSSD交換の場所となります。ケース裏を開けるとこのようにアクセスできます。

ではメモリ増設とSSD交換について紹介していきます。

目次

メモリ増設とSSD交換について

正直、メモリ増設とSSD交換は簡単に行えます。メモリ増設は「8GB」から「16GB」にアップグレードします。SSD交換は「256GB」から「512GB」へアップグレードします。

メモリとSSDのアクセス場所は上記画像の赤枠の横長が「メモリ」です。そして縦長が「SSD」となります。どちらも同じような手順で交換しますが、下記画像のように斜めに挿して固定する必要があります。

画像はありませんが、SSDも同様に斜めに挿してネジで固定する必要があります。

またメモリとSSDの規格について記載します。メモリは「SO-DIMM DDR4 3200MHz」、SSDは「M.2 2280 NVMe」を使用する必要がります。

購入したメモリとSSDについて

続いては購入したメモリとSSDを紹介します。メモリは「Team ノートPC用 SO-DIMM DDR4 3200MHz PC4-25600 8G 無期限保証」でSSDは「Western Digital ウエスタンデジタル 内蔵SSD 500GB WD Black SN750SE ゲーム向け PCIe Gen4 M.2-2280 NVMe WDS500G1B0E-EC【国内正規代理店品】」を使用しました。

おすすめ記事

新着記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる