Lenovo ノートPCレビュー(開封編)【ThinkBook 14 Gen3】

  • URLをコピーしました!

Lenovo ノートPC ThinkBook 14 Gen3 のレビュー(開封編)を行っていきます。

まずはスペックから紹介していきます。

ThinkBook 14 Gen3
OSWindows 11 Home 64bit
CPUAMD Ryzen 5 5600U (2.30 GHz 最大 4.20 GHz)
メモリ8 GB DDR4-3200MHz (オンボード)
ストレージ256 GB SSD M.2 2242 PCIe-NVMe
ディスプレイ14″ FHD液晶 (1920 x 1080) IPS, 光沢なし
マルチタッチ非対応, 45%NTSC, 300 nit, 60Hz
グラフィックス内蔵グラフィックス
指紋センサー指紋センサー
内蔵カメラ720p HDカメラ(マイクロホン付)
キーボード日本語キーボード(バックライト付) アイアングレー
ワイヤレスWi-Fi 6対応 (IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n準拠) 2×2 & Bluetooth
バッテリー3 セル リチウムイオンポリマーバッテリー (45Wh)
保証1 年間 引き取り修理

CPUは「AMD Ryzen 5 5500U (2.10 GHz 最大 4.00 GHz)」ではなく、「AMD Ryzen 5 5600U (2.30 GHz 最大 4.20 GHz)」を選択しました。

「ThinkBook 14 Gen3」で「AMD Ryzen 5 5500U (2.10 GHz 最大 4.00 GHz)」モデルは「59,950円」→「AMD Ryzen 5 5600U (2.30 GHz 最大 4.20 GHz)」モデルは「64,900円」となります。価格差は「4,950円」です。

私は少しでも負担を軽くするため後継CPUとなる「AMD Ryzen 5 5600U (2.30 GHz 最大 4.20 GHz)」を選択しました。

目次

「ThinkBook 14 Gen3」AMD Ryzen 5 5600U の開封

「ThinkBook 14 Gen3」の開封を始めていきます。外観はアルミニウム素材で安っぽさはありません。重量は「1.4kg」となってまして、アルミニウム素材のため重量が増してしまってるのでしょう。ですが持ち運びに苦労するような重量ではありません。

① アルミニウムでデザインは良いです。「ThinkBook」のロゴがポイントです。

② 右側面のポート類は「4-in-1メディアカードリーダー、USB 3.2 Gen1、イーサネットコネクター(RJ-45)、セキュリティキーホール」が付いてます。

③ 左側面のポート類は「USB Type-C 3.2 Gen 2、HDMI、USB 3.2 Gen1、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック」となります。

④ キーボードのキー配置は普通で打ちにくさなどはあまり感じません。

⑤ キーボードのキーストロークは浅いです。個人的にはもう少し深いほうが好みです。

以上が開封編となります。アルミニウム素材で少々重さがありますが、安っぽい感じがなくデザイン良いです。キーストロークは浅いので打ちにくいわけではないのですが、個人的にはThinkPadのキーボードが打ちやすく感じます。

総括しますとコストパフォーマンスに優れたモデルです。私は「AMD Ryzen 5 5600U (2.30 GHz 最大 4.20 GHz)」を購入しましたが、「AMD Ryzen 5 5500U (2.10 GHz 最大 4.00 GHz)」モデルは「59,950円」なのでよりコストパフォーマンス高いです。

おすすめ出来るノートPCです。

おすすめ記事

新着記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる