iPhone SE (第3世代) 気になる価格やスペック比較します!

2022年3月13日

iPhone SE(第3世代)が3月18日に発売されることが決定しました。予約受付(3月11日)も始まったiPhone SE(第3世代)ですが、気になる旧機種であるiPhone SE(第2世代)との価格やスペックについて比較していきます。

また現在ほかのiPhoneを利用中の方や機種変更を考えている人に参考になればと考えています。

iPhone SE (第3世代) vs iPhone SE(第2世代)

iPhone SE(第3世代)とiPhone SE(第2世代)の大きな違いは、搭載システムチップ(A15チップ)、5G通信(sub-6)、カメラ周りが挙げられます。また外観および本体カラーは特に変わっておらず、主に中身(スペック)が変わったのと本体サイズについてはiPhone SE(第2世代)、iPhone SE(第3世代)と全く同じです。

iPhone SE(第3世代)とiPhone SE(第2世代)を比較すると下記のようになります。

【価格表】iPhone SE(第3世代)vs iPhone SE(第2世代)

Phone SE(第3世代)Phone SE(第2世代)
本体価格64GB:57,800円
128GB:63,800円
256GB:76,800円
64GB:49,280円
128GB:54,780円
256GB:66,880円

価格は容量別で約8千円~1万円ほどアップしています。実質値上げのようになってしまってますね。

ただしスペックも上昇しているので十分良い機種となります。次にスペックを紹介します。

iPhone SE (第3世代)iPhone SE (第2世代)
発売日2022年3月18日2020年4月24日
OS種類iOS 15iOS 13
CPUApple A15Apple A13
CPUコア数ヘキサコアヘキサコア
内蔵メモリ(ROM)64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
256GB
充電器・充電ケーブルLightningLightning
画面サイズ4.7インチ4.7インチ
画面解像度1334×7501334×750
パネル種類True Toneテクノロジー搭載
Retina HDディスプレイ
True Toneテクノロジー搭載
Retina HDディスプレイ
背面カメラ画素数12MP広角カメラ12MP広角カメラ
前面カメラ画素数7MP7MP
サイズ・重量
幅/高さ/厚み/重量
67.3mm/138.4mm/7.3mm
144g
67.3mm/138.4mm/7.3mm
148g
カラーミッドナイト
スターライト
レッド
ブラック
ホワイト
レッド
おサイフケータイ/FeliCaApple PayApple Pay
ワイヤレス充電(Qi)
急速充電
認証機能指紋認証指紋認証
耐水・防水IPX7IPX7
防塵IP6XIP6X
センサー加速度センサー
3軸ジャイロ
デジタルコンパス
環境光センサー
近接センサー
気圧計
加速度センサー
3軸ジャイロ
デジタルコンパス
環境光センサー
近接センサー
気圧計
5G
4G・LTE
無線LAN規格IEEE802.11 a/b/g/n/ac/axIEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax
テザリング対応
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
NFC
SIM情報デュアルSIM
nano-SIM/eSIM
デュアルSIM
nano-SIM/eSIM
メインカメラ12MP広角カメラ
ƒ/1.8絞り値
最大5倍のデジタルズーム
進化したボケ効果と深度コントロールが使える
ポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング
(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、
ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
LED True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
Deep Fusion
写真のスマートHDR 4
フォトグラフスタイル
高度な赤目修正
自動手ぶれ補正
バーストモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
12MP広角カメラ
ƒ/1.8絞り値
最大5倍のデジタルズーム
進化したボケ効果と深度コントロールが使える
ポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング
(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、
ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
LED True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
次世代のスマートHDR(写真)
高度な赤目修正
自動手ぶれ補正
バーストモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
インカメラ7MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使える
ポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング
(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、
ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
Deep Fusion
写真のスマートHDR 4
フォトグラフスタイル
1080p HDビデオ撮影(25fpsまたは30fps)
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
Retina Flash
QuickTakeビデオ
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
写真の自動HDR
自動手ぶれ補正
バーストモード
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
7MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使える ポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング
(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、
ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
1080p HDビデオ撮影(25fpsまたは30fps)
Retina Flash
QuickTakeビデオ
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
写真の自動HDR
自動手ぶれ補正
バーストモード
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)

iPhone SE (第3世代) とiPhone SE(第2世代)を比較するポイントとして「A15 チップ」「5G対応」「カメラ(Deep Fusion)、(写真のスマートHDR 4)」があげられます。そのなかでも今回は「A15 チップ」について詳細を紹介したいと思います。

A15 チップ vs A13 チップ

「A15 チップ」と「A13 チップ」について紹介していきたいと思います。また「A15 チップ」と「A13 チップ」については下記のiPhone SEとなります。

iPhone SE (第3世代) = 「A15 チップ」

iPhone SE (第2世代) = 「A13 チップ」

【スペック比較表】

A15 チップA13 チップ
コア数66
クロック数3.23GHz2.66GHz
L1キャッシュ128KB48KB
L2キャッシュ4MB4MB
メモリ4GB3GB

「A15 チップ」と「A13 チップ」の大きな違いとしましては「クロック数」と「メモリ4GB」になります。数字だけ見ると大した差に見えないようですが、ベンチマークでは大幅にアップしているはずです。長く使用するうえで重要なポイントになります。

また前回のiPhone SE (第2世代)から約2年ぶりに発売となりますので、iPhone SE (第2世代)を2年ほど使用していたら、買い替えを検討しても良い時期だと思います。

ただiPhone SE (第2世代)でアプリなどが使えないなど不満が出る機種かというとそういうことでもないため、型落ちとして安く入手可能でしたら、購入有りの機種だと思います。

中古iPhone購入に関してブログ書いてます。よろしければ閲覧ください。