AppleのWWDC2017で新たな新製品を発表するかもしれない。

2018年8月8日

少し前の情報だが、来月にWWDC2017が来月に迫った為、当ブログでも取り上げようと思う。

2017年6月5日からAppleの「WWDC 2017」が開催されるが、Aニュースメディア・9to5Macが、WWDC 2017に発表する可能性(あくまで可能性)のある新製品を記事にした。

ここからが引用した記事の翻訳です。

6月に予定されている世界的なデベロッパーカンファレンスのために、Appleがどのような新製品発表を行ったでしょうか?

先週私たちはiOS 11、macOS 10.13、watchOS 4、tvOS 11について話していました 。

今週は、会社が現在稼働している製品や更新予定の製品など、ハードウェアの可能性が広がっています。

iPad Pro(Apple Pencil 2) 新しいiPad Proの噂はしばらく浮かび上がっているが、春の発売の希望は、Appleが最近のiPadを導入し、新しいClipsアプリを発表し、新しいMac ProとiMac(以下ではさらに詳しく説明します)は、WWDC前のイベントを計画していれば、ステージ上のすべての優れた素材になります。 最近の報道では、更新されたiPad Proモデルが遅れていると主張しているが、近い将来、おそらく5月か6月の間にもまだ作業中であり、6月にWWDCを発表する予定である。また、デベロッパーカンファレンスのプロフェッショナル聴衆とiOS 11の導入により、デバイスの新しい機能をもたらす可能性があることを考えると、適切なイベントとなります。

サプライチェーン情報によると、デバイスには、第2世代の12.9インチのiPad Proと、10.5インチのディスプレイを備えた新しいiPad Proが含まれます。

どちらも、A10Xプロセッサを搭載したアップグレードされた内部構造と、スリムなベゼルを備えたより洗練されたデザインのより小さなモデルを含むと言われています。

Appleタブレットと一緒に新しいApple Pencil 2が発売され、Appleの特許出願に基づいて、スマートカバーの統合、iPhoneのサポート、さらにはMacBookのトラックパッドの機能などの新しい機能が探求されているという報告もある。アップルが開発中のMacProを発表した後、ある報道によると、新しいiPad ProとMacの統合によって、「iPadProをMacに接続してCintiqのようなデバイスとして使うことができるようになる」との報告がある。

iMac&新しいキーボード

Appleは新しいiMacを導入した。同社が今月のインタビューで報道発表したときに確認したことは、今年後半にデビューするための全く新しいMac Proに取り組んでいるということだ。しかし、今年新しいiMacが登場し、アップル社はこのマシンが多数のプロユースケースに適していると語った。

新しいiMacには、16 GB(32または64 GBにアップグレード可能)のECCメモリを搭載したIntel E3-1285 v6プロセッサ(搭載)が含まれていると主張してから、マシンの未確認仕様が浮上した。より速いNVMe SSDは最大2 TBまで、VRグラフィックやProアプリをサポートするためのAMDグラフィックスも可能です。Thunderbolt 3とUSB-C gen 2」と書かれている。

Touch Barの機能を内蔵したスタンドアロンのキーボードが登場する可能性が出てきた

Appleの新しいMacBook Proキーボードに内蔵された小さなタッチスクリーンは、昨年末に発売された。そしてそれは単なる野生の夢ではありません。Appleはこのような製品の詳細を特許出願しており、去年、Foxconn International Holding(FIH)インキュベータプログラムの一部であるオーストラリアのスタートアップSonder Keyboardは、ダイナミックキーボード技術に関連してAppleと協議していた。

MacBook / Proのアップデート

12月に発表されたレポートによると、去年導入した12インチのMacBookとMacBookProモデルでは、Appleが今年のマイナーなスペックを持つだろうという。そのレポートは、サプライチェーンのインテルなど、他の人たちによってバックアップされた。アップデートには、KBook LakeプロセッサのMacBook&MacBookPro用アップデートと、15インチMacBook Proモデル用の32GB RAMオプションが含まれる。

12インチのMacBookは、1年前の4月に最後にアップデートされ、MacBook ProアップデートのQ3タイムラインで、更新されたモデルと同様の時間枠が表示されます。

Apple TV(Apple Musicオリジナルコンテンツ)

Appleの最初のオリジナルTV番組は今月、Carpool Karaokeのスピンオフでデビューする予定です。同社の他のオリジナルシリーズ、アプリの開発者のためのアプリコンテストのリアリティショーのエピソードの惑星は、今春夏になるだろう。

これは、WWDCの間に、新しいエピソードでアプリの惑星が実行されている可能性があることを示しています。Appleのビデオコンテンツへの関心がかなり不明で、今のところApple Musicに焦点を当てていることも興味深い。しかし、それは新しい番組と一緒にビデオコンテンツを発見する新しい方法を導入するように見える…

Appleは毎年WWDCを使用して、すべてのオペレーティングシステムの新しい機能を更新し、披露しているので、Apple TV(Apple TVなどの新しいTVアプリの国際的な拡張を含む)シングルサインオン機能を提供しています)。

たとえば、Apple Musicの新しいテレビ番組や映画のセクションは、CarPoolカラオケのプロモーションで上映されました(上の写真を参照)。この番組の新しいTVアプリにはいくつかのタイアップがあるかもしれません。アプリのPlanetとAppleのEddy Cueのプロデューサーは、Apple Music以外でのスタンドアロンのアプリエクスペリエンスがあることを以前にも確認していた。

現在、アップルは既にApple Musicのために素晴らしいビデオコンテンツを作っているが、おそらくそれは分からないだろう。アップルの音楽後援とブランドのコンサートシリーズ今週デビューはキュレーターのプロフィールページの下に埋もれと全くアプリで排他的な新しい映像コンテンツとして推進されていません。また、Apple Music、Podcast、新しいビデオコンテンツをMacに愛用するためには、iTunesが必要なことを考え直す必要があります。今月は正式にiTunes PodcastをApplePodcastsに改名した.Apple Podcastは、現在のiTunesをMac上のハブアプローチとして再考する兆候だと思う。私たちは最近、macOS 10.13のWWDCの希望リストでその意見をより深く表現しました。

BloombergはApple TVのハードウェアアップデートの可能性について、2月に4K出力の新しいボックスが現在テスト中であり、今年のようにすぐに立ち上げることができると報告した。

Apple Watch3

6月のWWDCでのwatchOS 4のプレビューを見ると、Apple Watch Series 3も注目されています。最新のレポートによると、今年後半に更新が予定されており、昨年9月にシリーズ2が公開されたアップルがこれまでのような定期的なアップデートを続け、iPhoneのラインナップを続けるならば、それは可能性のある時期だ。

シリーズ3のApple Watchがガラスフィルムのタッチディスプレイに切り替えるとの報告がありましたが、新しい健康機能とともに新しいケースや仕上げが期待されます。

シリーズ2は、Appleが今後のプラットフォームのフィットネスと健康に大きな焦点を当てることを示しており、今月初めのレポートでは、Apple Watchを使用して画期的な糖尿病治療に取り組む秘密のチームがいると語った。最近、スリープトラッキング、携帯電話、常時接続のディスプレイなど、ウォッチ体験を改善する可能性のある他の機能をいくつか検討しました 。

今年、AppleがiOS 11、macOS 10.13、watchOS 4、tvOS 11をどのように改善できるかを調べる、WWDCの最新のウィッシュリストをご覧ください。

引用元ソース

9to5mac.com

はじめまして。

管理人のnushiと言います。以前はMNPお得情報局を運営していましたが、もう少し情報の幅を広げて発信したくサーバーを移動致しました。

今までありがとうございました。これからもよろしくお願いします。